マンション管理会社 総合管理受託戸数ランキング 2018年

HPの引っ越し作業が終わり、ようやく1回目の記事です。

みなさんが所属する会社のランキングはどうなりましたか?

順位管理会社名組合数棟数戸数
日本ハウズイング8,1939,397441,621
大京アステージ7,6067,997427,886
東急コミュニティー5,1086,411334,172
三菱地所コミュニティ4,2785,107328,172
長谷工コミュニティ2,2992,963271,173
大和ライフネクスト3,8344,236263,064
三井不動産レジデンシャルサービス2,3232,914203,241
合人社計画研究所3,7824,125198,550
住友不動産建物サービス2,2842,682188,680
10コミュニティワン3,2633,475163,637
11日本総合住生活7497,571159,862
12野村不動産パートナーズ2,1212,169154,604
13穴吹コミュニティ1,9862,009106,829
14グローバルコミュニティ1,9892,09689,962
15あなぶきハウジングサービス1,7211,71785,397
16伊藤忠アーバンコミュニティ9931,21778,408
17近鉄住宅管理69794663,344
18ナイスコミュニティー1,1651,38161,797
19大成有楽不動産7591,23557,754
20MMSマンションマネジメントサービス86399754,797
21浪速管理56974654,318
22日本管財住宅管理83595549,583
23日鉄コミュニティ54273148,152
24長谷工スマイルコミュニティ88390847,078
25東京建物アメニティサポート54360546,529
26ライフポート西洋1,1311,18245,769
27レーベンコミュニティ78781044,861
28総合ハウジングサービス38944543,015
29日本住宅管理76580941,255
30明和管理81983538,600
31関電コミュニティ49355838,394
32ホームライフ管理57185238,173
33三井不動産レジデンシャルサービス関西43954133,558
34住商建物32445733,163
35互光建物管理31852130,635
36阪急阪神ハウジングサポート32642430,124
37日神管財72472430,003
38ユニオン・シティサービス68974028,867
39IUCコミュニティライフ30430428,776
40双日総合管理26029428,160
41西新サービス61665527,548
42伏見管理サービス65065027,520
43マイムコミュニティー54554526,366
44あなぶきセザールサポート70572724,905
45クラシテ64465823,359
46マリモコミュニティ36436422,581
47エスリード管理29929922,302
48名鉄コミュニティライフ31931821,579
49日本ビルサービス31333221,418
50スカイサービス52752721,071
51大和地所コミュニティライフ30629219831
52エム・シー・サービス52852618,467
53エフ・ジェー・コミュニティ26426417,840
54菱サ・ビルウェア47349317,796
55クレアスコミュニティー36536717,346
56TFDコミュニティ36742417,229
57東福互光39242417,227
58相鉄リビングサポート
13925417,027
59朝日管理27628216,667
60和光建物総合管理26729316,438
61エステム管理サービス20720716,251
62ミソノサービス45349215,754
63アパコミュニティ24124315,676
64日本ネットワークサービス49549515,374
65東洋コミュニティサービス20420415,368
66サニーライフ39839815,312
67長谷工コミュニティ九州34434415,222
68JNコミュニティ24926615,191
69モリモトクオリティ32432315,190
70フージャースリビングサービス15816115,160
71オークラハウジング39539415,081
72宝コミュニティサービス33034514,611
73京阪カインド14718113,606
74星光ビル管理23623613,110
75ゴールドクレストコミュニティ11711813,062
76東京互光17029612,802
77神鋼不動産ジークレフサービス13017712,545
78ビジネス・ワンファシリティーズ28328312,354
79トーシンコミュニティー23823811,782
80キノシタコミュニティ28828811,445
81太平洋興発16624210,806
82三井物産フォーサイト14916310,732
83セントラルライフ19019010,664
84コミュニティサービス23424810,625
85青山メイン企画25525510,534
86日本エスエム23323310,517
87積和管理関西8213810,501
88秀栄興産18620310,480
89日本建物管理10618010,350
90エヌ・ティ・ティ都市開発ビルサービス11211210,183
91鹿島建物総合管理9610910,140
92中部互光23827110,000
93トーメン建物管理1501749,455
94三交コミュニティ1361529,368
95三興管理781369,231
96東洋近畿建物管理80988,840
97レジデンス・ビルディングマネジメント1311318,695
98メイプルリビングサービス2662668,331
99えん建物管理1011018,321
100総合システム管理1821928,279

何だか聞き覚えのない会社名がたくさんありまして、勉強不足だなぁと思っています。
やはりランキング上位に行きたいものです。そしてキチンと収益の上がる会社でなくてはいけないとも思っています。管理業界でちゃんと収益を上げられる会社は、デベロッパーの子会社になりますでしょうか?

独立系であれば、デべ系会社の収益率が高いマンションを標的としてリプレイスしていくことと、地域密着型になるのではないでしょうか。(独立系と言っても、勿論デべからもお仕事頂かないといけないんですけどね)そして維持していくのにはブランド的なものが必要でしょうか。

差別化は、ターゲットとする会社を決めて、戦略を練らなければならない時代になってきているのかも知れません。

2018.09.20 マンション管理士の情報屋

と言う感じで、ワードプレスのプラグインを使って書いてますが、こんな感じで表示されるんだったかなぁ?
そして引っ越し前のHPをチェックしていましたら、一番最初に記事を書いたのは、2013年の3月1日ということで、5年と6か月くらい前のようです。今となっては小さい文字(特に6と8)が滲んで見え、これがうわさに聞く老眼なのかと、月日の経つのを感じてしまいますσ(^_^;)

マンション管理会社 総合管理受託戸数ランキング 2017年

マンション管理会社 2017年度 総合管理受託戸数ランキングです。
記事更新しないと広告が鬱陶しく入ってしまうようなので、とりあえず50位まで掲載してあります。順次追加していきたいと思います。
その他のデータや考察等については、後ほど掲載したいと思います。たった50位とかでも読み取れるものが沢山ありますよね。面白いんですけど、会社が抜きん出るための材料にもなることなので、やっぱり掲載しないかも知れません^^
※ちなみに、会社名から早く探したい場合は「Ctrl+F」キーを押して、出てくる検索窓に会社名を入力して探してくださいね。

1.日本ハウズイング 440,156戸
2.大京アステージ 426,584戸
3.東急コミュニティー 330,472戸
4.三菱地所コミュニティ 320,415戸
5.長谷工コミュニティ 264,997戸
6.大和ライフネクスト 256,347戸
7.三井不動産レジデンシャルサービス 202,731戸
8.合人社計画研究所 194,409戸
9.住友不動産建物サービス 183,314戸
10.日本総合住生活 160,285戸
11.コミュニティワン 153,114戸
12.野村不動産パートナーズ 151,579戸
13.穴吹コミュニティ 105,373戸
14.グローバルコミュニティ 85,358戸
15.あなぶきハウジングサービス 81,504戸
16.伊藤忠アーバンコミュニティ 78,096戸
17.近鉄住宅管理 62,889戸
18.ナイスコミュニティー 60,601戸
19.大成有楽不動産 58,769戸
20.MMSマンションマネージメントサービス 54,548戸
21.浪速管理 53,992戸
22.日本管財 53,271戸
23.日鉄コミュニティ 47,734戸
24.東京建物アメニティサポート 45,094戸
25.ライフポート西洋 44,760戸
26.長谷工スマイルコミュニティ 44,380戸
27.総合ハウジングサービス 43,162戸
28.レーベンコミュニティ 40,221戸
29.日本住宅管理 40,062戸
30.ホームライフ管理 38,609戸
31.明和管理 37,438戸
32.関電コミュニティ 36,783戸
33.三井不動産レジデンシャルサービス関西 36,614戸
34.住商建物 32,914戸
35.互光建物管理 30,186戸
36.IUCコミュニティライフ 29,731戸
37.日神管財 29,355戸
38.ユニオン・シティサービス 29,225戸
39.西新サービス 28,405戸
40.阪急ハウジングサポート 28,282戸
41.双日総合管理 27,524戸
42.マイムコミュニティ 26,366戸
43.伏見管理サービス 26,274戸
44.あなぶきセザールサポート 23,890戸
45.クラシテ 22,670戸
46.マリモコミュニティ 22,548戸
47.日本ビルサービス 21,418戸
48.名鉄コミュニティライフ 21,409戸
49.スカイサービス 20,726戸
50.エスリード管理 20,266戸

みなさまご無沙汰しております。お元気ですか?
わたくしはと言えば、相も変わらずマンション管理の日々を過ごしております。しかし最近は、部下の育成と新規営業の資料作りに追われる日々です。
人材不足ですねぇ~。やる気さえあれば能力無くてもモノにしてみせます、と会社には言っているのですが、最近(思い上がりだったか?)と自信が無くなってきてます(汗)
新規営業で、他社との差別化を考えるのは面白いですねぇ~。手持ちの材料のどこにフォーカスするのか、はたまた新しい商品開発に資本を投入するのか、難しいですね。
本業の管理が疎かにならないよう、担当数は減らしてもらって頑張っています(^^♪
記事公開日:2017.11.12

ようやく引っ越し作業が終わりました\(^o^)/そろそろ新しい記事を書かないといけないですねσ(^_^;)
2018-09-08マンション管理士の情報屋

800万円詐欺容疑 管理士会の元代表を逮捕(愛媛)

マンション管理の情報屋です。。。理事長印を預ける理事長がいる訳ですからね。不祥事も無くなりませんよね。もちろん、犯罪をする人が悪いに決まってるんですけどね。

【いつ】
2016年1月28日
【どこで】
松山市内
【誰が誰に】
有限会社アイリス管理センター 代表 平井繁次容疑者(67)マンション管理士を、愛媛県警松山東署が詐欺容疑で逮捕した。
【どのように】
・2014年4月金融機関で職員に対して正当な払い戻しと信じさせ、自身が管理する預金口座に800万円を振り込ませる。
・現段階では手口は捜査中だが、理事長交代時に理事長印を預かり、白紙の払い戻し請求書に押印していたとみられる。
・管理組合の監査で通帳を提出させた際に不明な出金があったため、問い詰めたところ金を使い込んだことを認めた。
【何故】
・何かの穴埋めに使ったと言っているが、あいまいではっきりとしていない。
【背景】
・(有)アイリス管理センター 本社松山 専任の管理業務主任者は1人。
・容疑者は一般社団法人化前の愛媛県マンション管理士会の元代表。
・一般社団法人愛媛県マンション管理士会 宮岡健会長によれば、「おととしまで会長を務めていたが、同容疑者から会社の不祥事があったとして会長を退きたいと申し出があった。本人から聞いたわけではないが、従業員がお金を持ちだしたのかという認識だった。ただ、管理会社の経営者だから経営責任があるし、マンション管理だったらなおのこと責任があるとして、退会を依頼。

ということのようです。。。しかし、無関心にもほどがありますよね。そして、関心を持った役員さんが見つけたんでしょうかね。
関心が無いことに力を注ぐ気が起きないのはしょうがないような気もしますが、役員になったときくらいはせめて最低限の責任を果たしましょうね。
記事公開日:2016.02.11

ホームはこちら

 

分譲マンションの民泊問題。。。

さて、民泊問題がニュース等でかなり取り上げられていますが、首都圏エリアを担当するフロントマンなら一度や二度は理事会で話題になっているのではないでしょうか?

先日、マンション管理新聞でも掲載されていましたが、「BrilliaMare(ブリリアマーレ)有明 TOWER&GARDEN」管理組合では、改正した管理規約をサイトで公開しているそうです。(情報屋も見てみましたが、どこに掲載されているかは分かりませんでした(汗))

「民泊を考慮した管理規約(例)」
(専有部分の用途)
(1~3省略)
4.区分所有者は、理事会の決議で特に承認された場合を除き、専有部分を、直接・間接を問わず、「シェアハウス」に供してはならない。なお、本規約にて「シェアハウス」とは、専有部分の全部または一部(以下、単に「専有部分」という)の利用形態が以下に掲げる各項のいずれかに該当する場合における当該専有部分の長期・短期の利用様式をいう。
(1)専有部分の居室(キッチン、トイレおよび風呂を除く以下本項にて同様)の数(以下「室数」という)を超える数の者(区分所有者、区分所有者の親族、区分所有者からの賃借人、上記賃借人の親族(以下合わせて「縁故者」という)を除く)による継続的な居住、宿泊または滞在。
(2)室数を超えない数の不特定の者(縁故者以外の者でいずれの縁故者も常時かつ明確に住所、氏名および職業(就業就学先を含む)を把握していない者をいう)による居住または宿泊。
(3)縁故者を含む複数の者による居住、宿泊または滞在で、直接・間接を問わず、複数の者から居住、宿泊または滞在の対価を徴収することを予定しているもの。
(4)前各号のためにする改築・改装。
5.理事長は、理事会の承認がないにもかかわらず、専有部分がシェアハウスに供されていると認めたときは、当該専有部分の区分所有者に、専有部分をシェアハウスに供することを中止するよう請求することができる。専有部分の区分所有者または占有者が合理的な理由を示さず第12条7項の協力を拒んだ場合も同様である。
6.理事長は、専有部分がシェアハウスに供されているかどうかの事実を確認するため、随時、任意の区分所有者に対し専有部分の利用状況について口頭または書面で照会をすることが出来る。
7.前項の照会の結果、専有部分の外観、近隣住戸の居住者または専有部分に出入りする者等から任意に聴取した事項、各種媒体上で見分した賃貸情報などから合理的に判断して専有部分がシェアハウスに供されていると推認した場合、理事長は、理由を告げて、当該専有部分の区分所有者または占有者に対し、専有部分がシェアハウスに供されているかどうか実地に見分するため理事長および理事複数名が専有部分に立ち入るのを認めるよう協力を求めることができる。

ということのようです。
。。。これは、掲載されていない箇所に、シェアハウス禁止の条項とかがあるんでしょうか?どうせなら、該当箇所を全部掲載して欲しかったですね~。
でも定義の部分とかは参考にさせて頂きたいと思います(^^)

2016年明けましておめでとうございます。
マンション管理の情報屋は、まだマンション管理の仕事に携わっております。
これからもよろしくお願いいたします。

記事公開日:2016-01-04

民泊新法、マンション標準管理規約の改正などようやく行政でも対応が取られてきていますが、闇民泊の横行など新たな問題が生じていて、抜本的な解決となると対応が非常に難しいというのが現状ですね。2018-08-28 マンション管理士の情報屋

マンション管理の情報屋TOP

23区内の建物で、清掃会社を募集しています。

マンション管理の情報屋です。本日は清掃会社を募集しています!

小さい案件なのですが、23区内のシェアハウスで、共用部分の清掃を行って頂ける清掃会社を募集しています。
建物はシェアハウス専用の建物で、10棟ほどを予定しています。
仕様としては、週2回(月8回程度)、1回2時間程度。清掃箇所は建物内の共用部分で、キッチン・シャワールーム・トイレなどの清掃が中心となります。
各ルームは1か月単位での契約を行っており、入居者が退室する場合は別途オプションの清掃を依頼したいと考えております。
女性専用の建物なので、清掃員も女性限定となります。

ご興味のある清掃会社様は、下記からメールください。

情報屋へ連絡したい方は
こちらからメールして下さい

おまちしてまーす\(^o^)/

記事公開日:2015-06-30

マンション管理の情報屋TOP

元社員が8400万円着服 三菱地所丸紅住宅サービス 愛知県内の12組合が被害

マンション管理の情報屋です。。。不正がないかのチェックは、管理組合・管理会社ともに怠らないようにしましょうね。
ご依頼あれば、マンション管理士として承りますよ^^

【いつ】
2005年から2015年2月まで
【どこで】
愛知県内
【誰が誰に】
三菱地所丸紅住宅サービス2003年採用の50代男性(当時はフロント)
【どのように】
・管理組合から管理会社に渡される業務指示書等において、架空の工事と金額を記入。(指示書等には理事長印の押印が必要だが、押印の経緯は不明)
・工事代金は、請求書記載の指定口座に振り込まれ、元社員が着服。1回の工事金額は数万円から300万円とされ、被害の大きい組合は被害額が1000万円を超えるという。
・管理組合に提出する月次報告書、決算報告書、残高証明書等も偽造していた。
・被害総額は8400万円とされている。
【何故】
・使い道は明らかになっていない。
【背景】
・同社の一斉業務監査で、決算書類の不整合に気付き、書類の偽造が発覚した。
・取引先の工事業者1社で関与が疑われている。
【補足】
・三菱地所丸紅住宅サービスは、3月末に国土交通省中部地方整備局に報告。4月24日付で元社員を懲戒解雇した。近く刑事告訴する方針。
・同社は改善策として、業務指示書に基づく業務報告書と決算書類のフロント担当者による理事長への提出方法など、従来の業務手順を再整備するほか、社内業務監査の強化も検討している。

ということのようです。凄まじい金額ですねぇ。優秀なマネージャーって、なかなかいないものなんですね(汗)
記事公開日:2015.06.30

マンション管理の情報屋TOP

ヒューマンケア 元社員が着服(06時のニュース)

マンション管理の情報屋です。。。管理会社の着服ってなくならないですね。。。【いつ】平成26年7月
【どこで】(本社:東京)
【誰が誰に】ヒューマンケアが元社員に対して
【どうした】東京地検に刑事告発した。
【なぜ】都内の複数のマンションで、管理するマンションから総額4,000万円を不正に引き出していた。

~手口~
①前理事長から支払済の工事代金を、新理事長に再度請求する二重請求。
②理事長交代時に印鑑を一時的に預かり、白紙伝票に押印し、無断出金。
③決算時には他の組合口座から補てん。

~背景~
①ヒューマンケアは坂入産業グループ。受託管理戸数規模は、16組合489戸。(平成26年3月末現在)
②平成25年12月、業務体制見直しの過程で不正が発覚。12組合で領収書不在等の使途不明金が4,400万円確認される。
③監査法人による全組合会計の精査も行った。同社が未収入金1,000万円以上を弁済する形で処理し、全組合の預金残高を平成26年2月末までに正常化した。国土交通省には3月に報告。
④適正化法で義務付けられている月次収支報告を充分に実施していなかった。
⑤平成22年11月頃から、不正行為が始められた模様。
⑥元社員は、組合会計の部門長を務める他、一部のフロント業務を兼務。

。。。会社の規模からすると分からなくもないですが、性善説で業務を組み立ててはいけないという見本のような事例と思います。

ちなみに平成26年11月のマンション管理センター通信に、国土交通省が実施した「マンション管理業者への全国一斉立入検査結果(平成25年度)」が掲載されていました。内容は次の通りです。

①管理業務主任者の設置(法第56条関係)     2社(2社)
②重要事項の説明等(法第72条関係)      41社(25社)
③契約の成立時の書面の交付(法第73条関係)  24社(17社)
④財産の分別管理(法第76条関係)       21社(0社)
⑤管理事務の報告(法第77条関係)       13社(13社)
( )書きは省令改正に係る違反を除いた場合の数。
※重複該当あり
全国128社に対して立入検査を行い、50社に対して是正指導が行われています(指導率39.1%)。

だそうです。
違反だらけです(汗)
本記事の事件は氷山の一角な訳で、自分の会社も大丈夫かよくチェックしてみましょうね。

本年度は記事を12回ほどしか更新せず細々と運営していたにも関わらず、変わらずアクセスを頂きありがとうございました。
ほんの少しでも皆様のお役に立つことが出来ればなによりです(^^)
来年も地味に更新してる予定ですので、よろしくお願いいたします。

マンション管理の情報屋TOP

高齢者サービス

マンション管理の情報屋です。今日は、高齢者サービスについて。

しばらく前のマンション管理新聞(943号)を読み返していたのですが、企業探訪のコーナーで㈱西電通(本社:大阪)という会社の「安否確認見守りシステム」が取り上げられていました。オートロックになっていない既設マンションのオートロック化で豊富な実績があるとのこと。
どういうシステムか簡単にいうと、

①マンションの出入りについて、㈱西電通の遠隔集中管理センターの監視画面で監視される。
②マンションへの出入り無しが3日経つと画面に黄色表示され、西電通から管理員へ報告される。
③1週間が経つと赤色表示に変わる。
④管理員が確認し、緊急性がある場合は管理員から警察や消防、あるいは関係行政機関に連絡してもらう。
⑤オートロックのシステムは、IP電話を利用したシステムとなっており、住戸内配線が不要。
⑥居住者はあらかじめ登録した携帯電話から専用電話番号へワンコールでオートロックを解除できる。(通話料不要)
⑦来訪者が訪問先部屋番号を集合玄関機で呼び出すと、居住者の電話がコールされ、居住者は電話で相手を確認の上、オートロックを解除する。通話料は100戸でも何戸でも月額定額料金700円と低額なランニングコスト。
⑧ICカードや顔認証でも解除出来るシステムが構築されている。

と、いうことのようです。

管理会社に限ったことではありませんが、高齢者に対応したサービスが求められている、というのは現場に出ていても、ひしひしと感じられます。
自主管理から管理会社へ委託した管理組合などは特にそういう傾向が多く見られ、理事会で上がる話題も階段手摺の改修だったり、民生委員の方のことだったり、長期修繕計画書は「(俺はいなくなってるから)30年は不要だよ!」なんて理事の発言がお約束になってたりします(゜o゜)

上記工事の費用がどの程度掛かるのかは興味の惹かれるところですが、もっと気になったのは同記事の下の方に記載されていた
「自社コールセンターから週1回の定期連絡」「毎月2回の水道メーター確認」などでの見守りを始めた会社もある。
というところでした。
最近ちょっと情報の取得が滞り気味になっているのですが、このように費用をそれほど掛けずにお客様のニーズを満たす方法もありますので、出来るところから提案を行っていかないと、と思ったマンション管理の情報屋でした。

最近。。。新人フロントマンの教育担当になってしまいました。管理会社フロントマンとしてのノウハウを教えることは勿論なのですが、原理原則を教えて自分で応用・対応出来るようにすることに一番ウェイトを置いています。
ちなみに二番目は、会社を辞めないことです(笑)

マンション管理の情報屋TOP

2014年 管理戸数「減少」ランキング

と、いう訳でマンション管理の情報屋です。みなさまおはようございます。

さて、総合管理受託戸数ランキングを入力していて、管理戸数の減少がとても気になったので、2013年と2004年のデータと比較し減少ランキングも入力してみたいと思います。

戸数は2014年度の管理戸数。
左側のカッコは昨年の管理戸数との比較。
右側のカッコは2004年時の管理戸数との比較。(手持ちの一番古いデータでした^^)
結構社名が変わってたりするので、探すの面倒でした(>_<)。
ちなみに、2014年の総合管理受託戸数ランキング100位以内でのみチェックしています。

こんなデータ何に使うのか?
営業さんがリプレイスの検討とか行うのに使えるかも知れませんね(^^)

会社名 2014年の戸数及び2013年からの減少数 2004年からの減少数
1.日本総合住生活 158,045戸(-4,471) (-12,741)
2.ゴールドクレストコミュニティ 12,356戸(-2,283) +5,616
3.大阪ガスコニュニティライフ 33,727戸(-1,350) +1,549
4.エステム管理サービス 13,397戸(-1,225) ( +9,560)
5.日本建物管理 17,436戸(-1,207) ( +1,973)
6.双日総合管理 26,078戸(-941) ( +5,482)
7.星光ビル管理 12,978戸(-473) ( +3,768)
8.豊通リビング 9,458戸(-441) ( +1,283)
9.ダイワード 22,306戸(-398) (   -231)
10.太平洋興発 10,728戸(-384) (   -773)
11.三興管理 9,010戸(-277) (      0)
12.青山メイン企画 10,597戸(-266) (設立年度?)
13.スカイサービス 20,200戸(-185) ( +6,727)
14.オークラハウジング 15,588戸(-178) ( +2,163)
15.三井物産ファシリティーズ 210,968戸(-145) ( +7,160)
16.東京互光 13,234戸(-143) ( -2,488)
17.日本エスエム 10,810戸(-61) (   -490)
18.伊藤忠アーバンコミュニティ 76,728戸(-59) (+28,056)
19.コミュニティサービス 11,293戸(-43) ( +5,479)
20.トーメン建物管理 10,503戸(-13) ( +4,123)
21.日本ビルサービス 20,016戸(-7) ( +5,830))

 

記事公開日:2014-06-29

マンション管理の情報屋TOP

管理会社 総合管理受託戸数ランキング 2014年

マンション管理の情報屋です。2014年の総合管理住宅戸数ランキングです!
例によって、とりあえず100位まで入れてあります。折りを見て200位くらいまでは増やしますね(^^)

1.大京アステージ 416,963戸(+1,714)
2.日本ハウズイング 396,177戸(+8,570)
3.東急コミュニティー 305,219戸(+6,922)
4.長谷工コミュニティ 249,397戸(+11,175)
5.三井不動産レジデンシャルサービス 185,828戸(+7,560)
6.三菱地所コミュニティ 178,118戸(+6,309)
7.合人社計画研究所 174,622戸(+8,988)
8.住友不動産建物サービス 169,543戸(+3,210)
9.日本総合住生活 158,045戸(-4,471)
10.大和ライフネクスト 147,487戸(+5,952)
11.コミュニティワン 139,543戸(+4,652)
12.野村不動産パートナーズ 131,386戸(+6,598)
13.丸紅コミュニティ 106,842戸(+2,240)
14.ダイワサービス 84,819戸(+5,672)
15.グローバルコミュニティ 77,024戸(+2,704)
16.伊藤忠アーバンコミュニティ 76,728戸(-59)
17.穴吹コミュニティ 70,828戸(+1,604)
18.あなぶきハウジングサービス 62,550戸(+2,752)
19.近鉄住宅管理 59,617戸(+1,603)
20.大成有楽不動産 59,388戸(+1,229)
21.ナイスコミュニティー 57,567戸(+1,524)
22.MMSマンションマネージメントサービス 53,998戸(+337)
23.浪速管理 52,894戸(+225)
24.日鉄コミュニティ 46,704戸(+13,798)
25.日本管財 44,512戸(+597)
26.総合ハウジングサービス 43,182戸(+1,127)
27.ライフポート西洋 41,139戸(+1,080)
28.長谷工スマイルコミュニティ 40,255戸(+1,134)
29.ホームライフ管理 38,041戸(+1,313)
30.日本住宅管理 37,228戸(+55)
31.東京建物アメニティサポート 36,795戸(+2,279)
32.三井不動産レジデンシャルサービス関西 35,084戸(+1,401)
33.明和管理 34,789戸(+660)
34.大阪ガスコミュニティライフ 33,727戸(-1,350)
35.レーベンコミュニティ 32,357戸(+2,352)
36.住商建物 30,865戸(+567)
37.互光建物管理 30,314戸(+219)
38.アーバンサービス 29,620戸(+190)
39.日立ビルシステム 28,983戸(+1,016)
40.グランドアメニティ 28,823戸(+601)
41.ユニオン・シティサービス 28,345戸(+263)
42.日神管理 26,485戸(+928)
43.マイムコミュニティ 26,302戸(+380)
44.双日総合管理 26,078戸(-941)
45.阪急ハウジングサポート 24,468戸(+1,635)
46.ダイワード 22,306戸(-398)
47.伏見管理サービス 21,876戸(+2,064)
48.あなぶきセザールサポート 20,719戸(+2,764)
49.マリモコミュニティ 20,254戸(+1,502)
50.スカイサービス 20,200戸(-185)
51.日本ビルサービス 20,016戸(-7)
52.エムシー・サービス 17,736戸(+59)
53.東福互光 17,494戸(+390)
54.日綜コミュニティ 17,491戸(+612)
55.日本建物管理 17,436戸(-1,207)
56.菱サ・ビルウェア 17,365戸(+791)
57.和光建物総合管理 16,724戸(+1,178)
58.エスリード管理 16,169戸(+1,081)
59.北海道ベニーエステート 16,136戸(+878)
60.朝日管理 16,085戸(+322)
61.ミソノサービス 15,635戸(+77)
62.オークラハウジング 15,588戸(-178)
63.名鉄不動産 15,219戸(+1,241)
64.東洋コミュニティサービス 14,664戸(+36)
65.クレアスコミュニティ 14,502戸(+159)
66.相鉄リビングサポート 14,458戸(+200)
67.日本ネットワークサービス 14,234戸(+625)
68.アパコミュニティ 13,947戸(+32)
69.宝コミュニティサービス 13,695戸(+464)
70.エフ・ジェー・コミュニティ 13,656戸(+1,018)
71.長谷工コミュニティ九州 13,608戸(+790)
72.モリモトクオリティ 13,476戸(+43)
73.エステム管理サービス 13,397戸(-1,225)
74.サニーライフ 13,296戸(+843)
75.東京互光 13,234戸(-143)
76.星光ビル管理 12,978戸(-473)
77.ゴールドクレストコミュニティ 12,356戸(-2,283)
78.ビジネス・ワンファシリティーズ 11,806戸(+804)
79.神興不動産ジークレフサービス 11,436戸(+4)
80.コミュニティサービス 11,293戸(-43)
81.三井物産ファシリティーズ 10,968戸(-145)
82.日本エスエム 10,810戸(-61)
83.太平洋興発 10,728戸(-384)
84.青山メイン企画 10,597戸(-266)
85.秀栄興産 10,580戸(+53)
86.トーメン建物管理 10,503戸(-13)
87.中部互光 9,995戸(+153)
88.トーシンコミュニティー 9,943戸(+445)
89.積和管理関西 9,836戸(+61)
90.フージャースリビングサービス 9,742戸(+1,324)
91.TFDコミュニティ 9,696戸(+85)
92.豊通リビング 9,458戸(-441)
93.京阪カインド 9,449戸(+847)
94.ティエスコミュニティ 9,098戸(+32)
95.キノシタコミュニティ 9,024戸(+247)
96.三興管理 9,010戸(-277)
97.セントラルライフ 8,993戸(+402)
98.セイビ・コミュニティ 8,965戸(-245)
99.ジャーネットシステム 8,923戸(+273)
100.中銀インテグレーション 8,905戸(+52)

。。。と、いう訳で、気になったデータというのは戸数の増減数でした^^増よりも減の方が気になります。記事公開日:2014-05-31

マンション管理の情報屋TOP