シェアハウスの差し止め請求

マンション管理の情報屋です。3月決算物件の処理に追われ追われております。。。

【いつ】平成26年4月16日
【どこで】東京地方裁判所
【誰が誰に】荒川区内のマンション管理組合が、シェアハウス事業を営んでいる会社に
【どうした】シェアハウスの使用差し止めを求めた訴訟の第1回口頭弁論が行われた。(提訴は3月7日)

~補足①~
・原告は、荒川区内の30戸未満のマンション管理組合。
・該当の住戸は、2階で44㎡。10区画に仕切られている。2013年5月頃から貸し出している模様。
~補足②~
・2013年9月 管理組合は臨時総会で使用細則を改正し、専有部分の「事業および営業目的のシェアハウス」化を禁止。
・改正理由は「共用部のゴミ放置など、居住のマナー悪化が著しく、かつ短期間で入退去を繰り返す居住者がオートロックキーをそれぞれ所持しているなど、防犯面での懸念もある」から。
~理由~
・「寄宿舎」の用途に供している。
・不特定多数者の出入りを可能にするような使用方法は、税理士事務所よりさらに「共同の利益に反する」。(マンションでの税理士事務所使用禁止を認めた東京高裁判決 2011年11月24日を例示し)
・管理組合理事長は「居住者が不安がっている。法律や規約を守ってほしい」と話している。

ということのようです。

シェアハウス関連のデータを読むと、なんとなく、腑に落ちない感じがいつもします。
私はフロントマンなので、管理組合のニーズが「シェアハウス禁止」にあるのであれば、その方向にお手伝いさせて頂きますが。。。まぁ、仕事ってそういうものですよね。

最近、めっきり更新頻度が落ちたマンション管理の情報屋ですが、ようやく当初の目標記事数の180記事をクリアすることが出来ました。パチパチ。長~い道のりでした。。。
といっても、これで止めるわけではありませんので、これからもご愛顧のほどよろしくお願いしますね(^^)
記事公開日:2014.5.6

マンション管理の情報屋TOP

「シェアハウスの差し止め請求」への2件のフィードバック

  1. それでも3月末決算やりますか!?:香川県非業者系マンション管理士会会長近藤紀文 より:

    「3月決算物件の処理に追われ追われて」いる情報屋さん。まともに3月末決算及び原則2か月以内の総会、やれてますか?当職に言わせれば、こんなのは愚の骨頂です。管理業務主任1名は、管理適正化法施行規則で最大30組合まで持てますよね。こんな数の組合が一斉に3月末決算にでもなっていたら、そりゃ、まともな仕事なんぞ、できてないこと保証しますわ。
     当職関与の3月末決算でない管理組合が、かつて税理士に相談したら、「まあ、世間の常識では3月末決算が年度にも合っていて、いいに越したことはないですわな。」という答えだったそうです。世間知らずというか、マンションの世界知らずのアホ税理士もいるもんだ、と、ほとほと呆れ返りました。
     考えても見てください。マンションの管理組合役員も会社勤めや役所勤めの人が多い。その大半が3月末決算を迎えるとしたら、まさに自分の仕事上の決算及び総会に向けてヒーヒー言っているときです。人事異動も4月1日付けで出る事業所は多いでしょう。そんな「お忙が氏」が、管理組合の決算や総会に気が向くはずがない。おのずから、ペーパー理事会、委任状総会で事を済ますことになる。こういうことをしているから、役員や監事の目が行き届かないザル決算で、できの悪いフロント担当者や管理員の詐欺・横領・背任が起きてしまうのです。
     当職は、関与管理組合の決算を、どんどん3月末又は12月末決算から、それ以外の決算期に変更させています。理想は、6月末決算8月総会又は11月末決算1月総会です。前者は、世間の決算期が一息ついて、夏休み気分のときに、比較的ゆったりと管理組合に気を向けることができる時期です。後者は、歳末商戦期を避け、1月の正月気分の抜けない内に総会ができる。まあ、これ以外の時期でもあまり問題はありませんが、とにかく、3月末決算集中は何としても避ける手立てを講ずるべきでしょう。
     管理組合法人にでもしていると、3月末決算を6月末決算に変更するために、わずか3か月で一度決算及び総会をすることになります。規約変更等も伴いますが、後々の苦労を考えると、こんなのはかわいいもんです。現実に、これでいくつかの管理組合が決算期変更をしましたが、後の運営には何の差支えもなく動いております。
     とにかく、管理組合の3月末決算は「百害あって一利なし」です。
    at 2014年05月17日

    1. ですよねー。ですが、わたくし、決算月を変更してもらった管理組合は1組合しかないです(>_<) at 2014年05月30日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です