日本エスエムに指示処分 元フロント300万円着服

マンション管理の情報屋です。みなさまおはようございます。
今日も指示処分関連です。

【いつ】平成25年10月29日
【どこで】(本社:北九州市)
【誰が誰に】国土交通省九州地方整備局が日本エスエム対して
【どうした】マンション管理適正化法に基づく指示処分を行った。
【なぜ】2管理組合に対して
①約250万円を着服していた。
②50万円を着服していた。

~補足~
・分別管理の方法は「イ」。
・①については、実際にあった漏水等の工事に架空の工事代金を紛れ込ませ、会計役員に銀行の払い戻し請求書に押印してもらい引き出した。
・②については、理事長に払い戻し請求書に押印してもらい引き出した。(理事長は、どうして押したかよく覚えていない、とのこと)元社員は、会社に「小口現金が要ると指示があった」と説明し着服していた。
・架空の工事代金の領収書や、管理組合の指示書に押す理事長の個人印・署名等も偽装していた。
・同社では、月次報告の際、組合から要望がなければ通帳のコピー等は添付していない。
・決算報告は、通帳の原本等を付けていたが、管理組合から指摘はなかった。
・②について、元社員は「管理組合で小口現金用の口座を作る」などと説明していたが、口座が作られていないため同社は一度お金を戻してもらうよう元社員に指示。その後、元社員は自主退職した。
・昨年8月、引き継いだ社員が組合側に申し出た際に発覚し、他物件も調査して①も分かった。
・同社のコメント
「保証人を2人立てており、今も本人が返済中なので、(刑事告発には)踏み切っていない」
「信頼を裏切ってしまい皆様に大変申し訳なく思っております。こうしたことが2度と起こらないように社員教育やコンプライアンスを徹底していきたい」

とのことです。色々な方法を考えるものですね。

同社のコメントについては。。。しばらく前の東急ファシリティサービスのコメントより少しはマシといったところでしょうか。
社員教育やコンプライアンスを徹底していきたいとのことですが。。。それで大丈夫になるの??って気がします。

こちらの会社、業界ではそこそこ大きな会社なんですが、ホームページを見るとびっくりするくらい力が入っていません。ホームページで会社の力が計れるわけではありませんが、今や誰もがインターネットから情報をチェックする時代に、あれでは見積もりを頼もうとは思わないのではないでしょうか?

でも、もしかしたら、何か深い計算があってのことかも知れませんね^^
【日本エスエム】
2013年度
総合管理受託管理戸数ランキング84位 10,871戸
記事公開日:2013-11-25

マンション管理の情報屋TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です