マンション管理を一言で表すと。(理事会議事録も配付しましょうね)

昨日はこれでもかってくらい運動して、背中の筋肉痛が酷いマンション管理士の情報屋です。。。歳ですねぇ~。。。

と、いう訳で今日は<strong>マンション管理って何?</strong>という話です。

管理会社、管理組合、管理運営、管理業務。。。様々な管理という言葉がマンションを取り巻いていますが、情報屋は管理会社の社員ということもあり、管理の仕事を次のように考えてます。

マンション管理とは
1.問題を発生させないこと。
2.問題が発生してしまったら、速やかに事態の収拾を図ること。
です。(二言になってしまった)

つまらないかも知れませんが、上記のために、日々あらゆる方策を考えてます。
竣工検査の立会いでは、施工側が気付きにくい危険なところはないか?説明に漏れているところはないか?この規約変更の提案で後々問題になることはないか?金融機関が破綻しても大丈夫な備えはしてあるか???
等々、色んなやるべきことがありますが、まず、広報がとても大事だと思います。

例えば
みなさんのマンションでは、理事会の議事録を掲示または全戸配付等してますか?
これ、とっても重要だと思います。

理事会が色んなことを検討しても、それがみんなに知られないと「あの理事会は何もしてない」みたいなことになってしまうことがあります。
なので、議事録を配付して尚且つ「意見がある方は管理組合メールボックスへ投函して下さい」と広報をします。

これにより、総会がスムーズに進むことになります。
突然反対意見が上がったとしても「なぜこれまで言ってくれなかったのですか!?」と反論することが出来ます(本来、それが目的ではないのですが)

理事会がやっていることを透明にして、尚且つ、他の居住者の意見も取り入れる。

これだけで、色んな提案の質も向上しますし、余計なトラブルの発生も防止出来ます。

と、いった感じで、日々トラブルを防止する策は色々とありますが、皆さんも何かやっていることなどありましたら、教えて下さいね^^

公開日:2013-05-16

最近は、イベントの実施などが重要なのかなぁと思っていろいろ模索・提案しています。でも、理事会に自然に気付いてもらうことが大事かなぁと思ったりもしています。プロなので。2018-04-15 マンション管理士の情報屋

マンション管理の情報屋TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です