法定点検(新人フロントマンはこれだけは覚えておこう!)

最近、娘がバレーボール部に入部したので、バレーボールのマンガを読み始めたマンション管理の情報屋です。。。「ハイキュー!!」ってマンガ面白いですね^^あ、アジア太平洋カップ福岡国際男子バレーボール大会でもチェックしますかっ!?

と、いうわけで今日はマンション管理会社フロントマンの初歩の初歩。法定点検についてちょっと書いてみたいと思います。
というのも先日、入社1年以上経つハズの若手社員に「簡易専用水道検査って何トン以上の受水槽から必要になる?」って聞いたら「5tからです」と答えやがりましてw
で、私はこれまで何百回と説明してきてるから今は悩むこともないんですけど、そういえば入社して初めて総会に一人で出席する時は必死に暗記したなぁ~。。。とか思い出したりした訳です。
で、最近このブログも管理会社のフロントマン寄りのサイトになってきたので、ベテランのフロントマンには全く不要かと思いますが、法定点検について書こうと思った訳です。

簡単にまとめるとこんな感じ。

【簡易専用水道検査】
1回/年 受水槽の有効水量が10tを超えると検査が必要となります。
合わせて、受水槽清掃と水質検査(10項目)もそれぞれ年1回必要となります。

【専用水道検査】
居住人口101人以上の施設か、1日の最大給水量が20tを超えるか、受水槽の有効水量が100tを超えるか、口径25mm以上の導管の全長1,500mを超える施設について必要となります。
水道技術管理者1名の配置が必要で、
水質検査等は月1回必要となります。
水槽の清掃は1回/年必要です。

【建築設備定期検査】
1回/年 非常用照明・排煙設備・換気設備等について検査します。換気設備は今は義務じゃありませんでしたね。給排水設備を見てるところもありますか。

【特殊建築物定期調査】
1回/3年 敷地・外壁・基礎・構造等々施設全般を検査します。3階以上または延べ床面積が300㎡となる場合に必要となります。特定行政庁へ報告書を提出します。建物の改良等をしちゃって、引っかかったりしないようにしましょうね。

【エレベーター点検】 1回/年  法定点検は年1回ですが、実際は法定以外の有人点検を年4回程度行っているところが多いのではないでしょうか?

【消防設備】
機器点検(外観等の比較的簡単な点検)は1回/6か月。
総合点検(実際に使用可能か点検する)は1回/年。
総合点検は機器点検を兼ねるので、機器点検が年1回、総合点検が年1回で合計年2回の点検が必用となる感じです。

その他、省エネ法(延べ床2,000㎡を超えるマンションで届出をしている場合1回/3年)だったり浄化槽がある場合は浄化槽点検だったりがありますが。最低限、上記の6項目くらいは詳細に覚えておきましょうね^^

公開日:2013-06-06

マンション管理の情報屋TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です