マンション管理センター 平成24年度相談内容データ!

という訳で、今日のマンション管理の情報屋は、マンション管理センターの平成24年度相談内容についてです。

平成24年度相談内容別の件数表

順位 相談内容 件 数 順位変動 平成23年度件数(順位)
区分所有法・(標準)管理規約の解釈 609 708(1)
役員の資格、選任・解任、任期 423 436(2)
管理規約の作成・改正 297 306(3)
共用部分の使用、管理、変更(決議要件を除く) 265 281(5)
理事長・理事会への不満 245 305(4)
維持管理の考え方(建物・設備) 186 222(6)
委任状・議決権行使書 172 166(11)
長期修繕計画の内容、見直し 164 115(19)
総会の決議事項 155 151(13)
10 修繕工事の進め方 153 174(10)
11 議決権・決議要件 149 215(7)
12 管理員・フロントマンへの苦情・交代要求 147 215(7)
13 管理委託契約書の内容・(標準管理委託契約書) 126 178(9)
14 理事会運営(招集、議長、決議要件、議事録等) 116 135(15)
15 管理会社の選定・変更(管理会社の紹介依頼等) 115 134(16)

ということのようです。

このうち、管理員・フロントマンへの苦情、交代要求の事例は
①勤務時間中に管理事務室から離席することが多い
②就業時間前に業務を終え帰宅することがある
③住民のルール違反を黙認する
④理事会を主導している
⑤管理業者が作成した総会議事録素案には総会とは異なる内容が記載されている
等があるようです。

さらに管理業者への苦情に関する相談事例は
①管理事務報告の誤りを修正してもらえない
②管理委託契約で定められた業務を行わない
③管理組合運営に関するアドバイスが足りない
④管理組合口座の通帳を預けているが、監査のための開示の要求に応じない
⑤管理業者が「管理者」となっているが、総会を開催しない、事務の報告をしない
⑥管理員の勤務態度等について是正を求めているが、回答がない
だそうです。

みなさん、上記のことで身に覚えはないですか?上記、管理業者に対する苦情とか致命的なリプレイスの材料ですよね。
情報屋も気を付けたいと思います。
理事会を主導している。。。という苦情はどうなんでしょうか?苦情を出した本人が主導すればいいだけのような気もしますが。

公開日:2013-06-26

もう5年も経ったのか・・・わたしがこの仕事を始めた頃から比べたら、管理に対するお客様の理解もだいぶ深まりましたが、まだまだですねσ(^_^;)
2018-05-31 マンション管理士の情報屋

マンション管理の情報屋TOP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です